dots.png

MRI乳がん検診

 

乳がん検診と聞いて、

女性は少なからず嫌な気分になるのではないでしょうか。

乳房をさらけだし、つぶされ、痛い思いをすると想像するから。

 

そんな思いから解放される検査方法ができました。

MRI乳がん検診(愛称:ドゥイブス・サーチ)は、MRIによる痛みを伴わない検査です。

他人に乳房を見られることなく、さわられることもありません。

15分ほどの撮影で済むから、手間も時間もかかりません。

他のがんと異なり、若いうちに罹りやすいがんだからこそ、

よりたくさんの女性に、少ないストレスで、

検査を受けてほしいという思いから生まれた検査方法です。

 

他の検査よりも少し高額だと感じるかもしれません。

 (※病院により異なりますが、2〜3万円くらいです)

それは、検査機器を何度も調整することで、

より正確な検査結果を追求しているからです。

DWIBS(ドゥイブス)法の発明者本人が手がけるからこそできるクオリティを。

乳がん検診が変わります。

 

肺がんや大腸がんなど、一般のがんは65歳以上で増えてきます。乳がんはこれとはまったく異なり、働く世代、子育て世代の40歳~65歳に多く発生します。

image2.png
縦軸:10万人あたりの毎年の罹患数 / 横軸:年齢
 
dots.png