豊胸術 or 乳房再建術

(インプラント挿入)

様々なタイプのインプラントに対応した検査ができます。

様々なタイプのインプラントに対応した検査ができます。

 
 

インプラント挿入後の乳がん検査ができます。

通常のマンモグラフィーでは、圧迫されるため、豊胸術後の方は検査できない場合もあります。

超音波検査でも、インプラントがあると、内部を検索しにくくなるため、歓迎されない場合が多いです。

しかし無痛MRI乳がん検診(ドゥイブス・サーチ)は、乳房を圧迫しないので、上記の画像のように検査ができます(注:すこし見にくくなることはあります)。

インプラント挿入後のトラブル診断もできます。

最近、アラガン社のインプラントで、悪性病変(悪性リンパ腫)を生じる可能性が指摘されていますが、このような方のトラブルの有無をチェックすることもできます。

(※まれに、未分化大細胞型リンパ腫(ALCL:Anaplastic large cell lymphoma)という特殊なタイプの悪性リンパ腫を生じることが報告されました。この病変を生じた場合、インプラント周囲に液体滲出を生じる場合が多く、無痛MRI乳がん検診(ドゥイブス・サーチ)でその兆候を容易に把握することができます。)