検査結果報告書
(結果レポート)

無痛MRI乳がん検診の検査結果報告書では
・総合判定     ・総合判定の考察
・MRI検査所見   ・MRI検査判定
・MRI検査診断   ・MRI検査画像

の情報が記載されています。

無痛MRI乳がん検診では、利用者様の不安を払拭するためには詳細な検査結果報告書が重要と考えています。

一般的な健康診断の報告書では、B判定(軽度の異常所見を認めました。)とだけ記載があることもあり、利用者様の『このしこりは大丈夫なのかしら。。』という不安を解消することが難しい場合が多くあります。

利用者様の不安に寄り添い、気になる部分の診断を丁寧に行っています。

高原 太郎 医師

1961年東京都生まれ。秋田大学医学部卒業。聖マリアンナ医科大学放射線科勤務、東海大学医学部基盤診療学系画像診断学講師、オランダ・ユトレヒト大学病院放射線科客員准教授などを経て、2010年から東海大学工学部医用生体工学科教授

報告書の一部

日ごろから痛みを感じるAさんの場合

しこりを感じ、嚢胞が発見されたBさんの場合

安心、安全、痛くない
無痛MRI乳がん検診の特徴

よくある質問

どこで受けられますか?

乳房インプラントが入っていますが受けられますか?

どのぐらいの時間が必要ですか? なにか準備は必要ですか?

どのぐらいがんが見つかるのですか?

生理や妊娠・授乳との関係はありますか?

被ばくはないでしょうか?

MRI乳がん検診はどうやってがんを見つけるのですか?

MRI乳がん検診はどのくらい(回数・頻度)受ければいいですか?

閉所恐怖なのですが大丈夫でしょうか?

MRI乳がん検診を受けることができない場合はありますか?

MRIはどんな音がしますか?