見られない理由

いままで乳房の医療検査では「見られる」ことはごく当たり前のことでした。しかし私達はここにも革命をもたらしました。
検査着やTシャツを着たままで検査ができるので、完全にプライバシーが守られます。

マンモグラフィ(エックス線)にしても、エコー(超音波)にしても、乳房をあらわにして写真を撮ります。
検査だから仕方がないとは言え、中には、ストレスに感じたり、恥ずかしさを感じる方も多くいらっしゃいます。

マンモグラフィでは、服を着用していると撮影時に服が邪魔になり、乳房を十分に圧迫することができない為、素肌になる必要があります。

マンモグラフィ検査

エコー検査

無痛MRI乳がん検診(ドゥイブス・サーチ)では、検査着やTシャツを着たまま受けられます。 磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する検査ですので、Tシャツを着ていても画像上に変化がないのが特徴です。 また、技師と受診者の皆さまが近接する時間は入退室時のみです。あなたの胸のプライバシーも完全に守られますので、どうぞリラックスしてお受けになってください。

MRI検査

無痛MRI乳がん検診の見られない特長が紹介されました。
動画はこちら>
安心、安全、痛くない
無痛MRI乳がん検診の特長

よくある質問

どこで受けられますか?

乳房インプラントが入っていますが受けられますか?

どのぐらいの時間が必要ですか? なにか準備は必要ですか?

どのぐらいがんが見つかるのですか?

生理や妊娠・授乳との関係はありますか?

被ばくはないでしょうか?

MRI乳がん検診はどうやってがんを見つけるのですか?

MRI乳がん検診はどのくらい(回数・頻度)受ければいいですか?

閉所恐怖なのですが大丈夫でしょうか?

MRI乳がん検診を受けることができない場合はありますか?

MRIはどんな音がしますか?