日本人に適している理由

1

高濃度乳房(デンスブレスト)は
日本人女性に多い

日本人では欧米比べて高濃度乳腺の割合が高く、50歳以下では80%近くが高濃度乳房(高濃度・不均一高濃度)であるとする報告があります。

Radiologyという、画像診断で最も権威の高い科学雑誌では、透き通っている乳房(高年齢の方)と、白く曇っている乳房(高濃度乳房、デンスブレスト:多くの働く年齢の女性)ではがんの発見率が倍も違うことが分かっています。

マンモグラフィ検査でのがんの見え方の違い

がんも白いので見つかりにくい(乳腺が多いと白くなる)

無痛MRI乳がん検診(ドゥイブス・サーチ)は、乳腺の量に左右されにくいので、がんの発見率が下がることはありません。日本人女性に多い高濃度乳房(デンスブレスト)の方でも、安心して検査を受けることができます。

MRI検査での見え方の違い

がんは黒いので見つかりやすい(乳腺の量に影響を受けない)

2

アジア系女性の乳房サイズ

マンモグラフィはまず欧米で標準的に乳がん検診で用いられるようになりました。欧米のデータで、死亡率が減少することが示されたので、日本にも導入されています。

しかしアジア系女性の乳房サイズは、欧米女性と比較してハリがあり小さめです。
マンモグラフィは乳房を引き伸ばして平たく圧迫して撮影しますが、アジア系女性に多い乳房の場合は引っ張って伸ばすことで強い痛みを感じることがあります。

無痛MRI乳がん検診(ドゥイブス・サーチ)では、乳房用にくり抜かれた穴の中に胸をあわせるだけで圧迫しないので、痛みがなく楽です。またサイズに関わらず、重力によって撮影しやすいふくらみになります。

安心、安全、痛くない
無痛MRI乳がん検診の特徴

よくある質問

どこで受けられますか?

乳房インプラントが入っていますが受けられますか?

どのぐらいの時間が必要ですか? なにか準備は必要ですか?

どのぐらいがんが見つかるのですか?

生理や妊娠・授乳との関係はありますか?

被ばくはないでしょうか?

MRI乳がん検診はどうやってがんを見つけるのですか?

MRI乳がん検診はどのくらい(回数・頻度)受ければいいですか?

閉所恐怖なのですが大丈夫でしょうか?

MRI乳がん検診を受けることができない場合はありますか?

MRIはどんな音がしますか?